スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
2007年
2013-01-27 Sun 14:24
もともと僕はoMaE:)sというクランに所属し、第一回オフライン大会SACTL2007に出場しました

そこでKeNNy率いるRustyEggsにぼこぼこにされ、悔しくてすげーSAに対するモチベーションが上がっていた

SACTL後いろんな固定クランができていた。

とくに強かったのがRoyal率いるBlancscore(通称BS)

あるとき、そことCWする機会があったんだけど、僕たちは即席メンツだったにしても、かなりぼこぼこにされました。

これじゃいかんなーと思ってShink(oMaE:3)sのSR兼リーダー)にSAしようやと言っても忙しいと言われ

勝手にもうやる気ないんかなーって思ってしまった

そのときSeiko(oMaE:3)sオフラインメンバー・童貞)から2人で新しいクラン作らないかっていう話になった。

Shinkもやる気ないのかなぁと判断していたこともあり2人でとりあえずメンバーを探すことに。

ちなみに後後わかったことであったが、Shinkが忙しかったのは俺たちのためにoMaE:3)sの新しいHPを作ってくれていたからだった。泣いた。

とりあえず当時はSRが1本だったので、まずSRを探すことに。

まぁこれはすぐに候補があったんだけど、直接関わり合いがなかったので、野良で出会ってささやきで声をかけました

すぐにいいよといってくれました。

それがRakusyunことあいまいやです。

次にARを補欠も含め@3探すことに。

とりあえず暇そうにしてたシルフィードにいた慶応BOYクリガーを誘った。

残りの2人を探してたら、どこから聞きつけたのかあいつが現れた。

3a8fb35358b87415937a3da8368c4190.png

そう、NabDの現在のマスターの大仏くんだ

ちなみにmattyaもoMaE:3)sに所属していたが当時お世辞にも強いとは呼べず2軍でした。

そんなこともあって誘うつもりまったくなかったんだけど、ついてきたいって言うから

鍛えてやるかーって意味もこめて入れました。

まぁ正直HSは当時からよく出てたんで、これ化けるかな~って思ってました。

@1もoMaE:3)sのオフラインメンバーのProgramarがどこから聞きつけたのかそっちいくといい加入しました

結局ほぼoMaE:3)sのメンバーになりました。

その後いろいろあり、クラン創設から一ヶ月後くらいには

AR TaXuN(指揮)
AR mattya(でぶ)
AR Seiko(童貞)
AR 紙投げ(妖精)
SR あいまいや(リア充)

というメンバーに落ち着いた。

今の俺しかしらない人は意外だと思うけど

当時は作戦とかよく考えてました。

僕が特に重要に思っていたのはメンバーのバランスです

強いの5人集めても、即席みたいに個人技で勝てるかもしれませんでしたがそれ以上上には通用しません

当時のNabDは正直個人技ではそれほど抜きん出てはいませんでしたが、勝率90%超えてました

なぜかというとメンバーのバランスです

当時はSRは1本だったのでARのみのバランスとします

ラッシュをする際に重要なのが最初に切り開くAttakcerだと思いがちですが

僕の中ではその後ろからバックアップするARの方が重要だと考えていました。

もうめんどくさいんでこれで終わりにします。また今度書きますw



ちなみにNabDは創設してから50戦くらい無敗でしたが、えぐがいたルイナテッラ?だったかな?に負けました

ちなみにそのとき俺はバイト中で、抹茶からメールきたのを今でも覚えてる。

「ごめん。負けた・・・」ってねw

こんな可愛い時期もあった抹茶さんですが、現在はだいぶ成長しましたね(体重的な意味で



スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<もう一人の創設者 | The top scorer of night | About NabD>>
この記事のコメント:
NabD創設裏話
楽しいです。
続き楽しみにしてます。
2013-02-03 Sun 18:51 | URL | #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
| The top scorer of night |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。